美味しかったおせち

生協のおせち4品セットは、適度な味付けで食べ切れるちょうど良いサイズ

29歳の主婦です。生協で「おせち4品セット」を注文しました。価格は1,026円で、2人前です。中身は、黒豆・栗きんとん・田作り・昆布巻の4品が少量ずつ梱包されていました。

【生協のおせち4品セット】個別に真空パックされ、盛り付けしやすい

うちは私と夫、幼児と乳児の4人家族なので、お重のおせちを頼んでもあまらせてしまいます。夫も子供もほとんど食べません。食べるのはほとんど私なのですが、正月にはおせちを食べるといった日本の風習を教えるという、子供の食育を兼ねて注文しました。

結果、やはり私がほとんど食べることになったので、食べきれる量のこの4品セットはよかったです。お正月料理なので保存のために塩辛かったり甘すぎたりということがありますが、適度な味付けで美味しく食べやすかったです。

おせちの梱包は4品とも別々に、真空パックに入っていました。盛り付ける時はパックを開け、それぞれの品をタッパーに移しただけでなので、すごく簡単です。

小さいお重を用意して、お正月飾りを乗せながら盛り付けるなど少しは見た目にもこだわればよかったなと思いました。お重は100円均一にも小さいものが売っているので、簡単に見た目も華やかなものになったでしょう。

急遽必要になっても大丈夫。生協のおせちは配達1週間前の注文でOK

このおせちの便利なところは、生協で届くという点です。年末の通常の配達と一緒に届くので、わざわざ別便で宅配便が届くという手間もありません。いつもの日用品や野菜などとともに配達されるので、年末の込み合う店舗へ行かなくてもよく、便利だなと思いました。

12月上旬でおせちの予約を締め切るお店が多いですが、いつもの生協の注文と同様、配達の1週間前までに注文を完了すればよいのです。

お店のおせちを予約しそびれた!という場合や、帰省や旅行などの年始の予定変更にも十分対応できる期間なので、急遽自宅で年始を過ごすからおせちがほしいという場合にも使えると思います。

子供の成長に合わせて、生協のおせち4品に海老や数の子もプラスしよう

来年も注文するかは悩んでいます。というのも、夫は例年通りしか食べないかもしれませんが、子供が食べるようになるかもしれないからです。その場合には4品だけでなく、えびやかずのこなど他の品が入っているもっと大きめのおせちを注文するかもしれません。

子供は偏食気味なのですが、いつ食欲のスイッチが入るか分かりません。来年はよく食べそうならさらに大きめのおせちを、まだあまり食べそうではなければ同じおせちを頼むつもりです。